使いやすいウィッグとは

ウィッグ医療用ウィッグはがん治療開始後から治療終了後約1年程度利用します。その間頭髪の状況が変化するため、時には細かなメンテナンスが必要になります。ウィッグを選ぶ際は値段やデザインを優先させるよりもつけ心地が良いもの、チクチクしたり蒸れたりしないもの、メンテナンスが可能なものを選び、状況に合わせてメンテナンスを行い、自然なつけ心地のものを重視した方が良いでしょう

メンテナンス時にデザインを変えることも可能なウィッグもあります。また、ウィッグは当然頭に載せるものです。つけ心地が軽いものの方が違和感なく利用できます。時には「肩こりの原因がウィッグの重さだった」ということもあります。人によっては長く利用するものになるので、ウィッグを選ぶ際には必ず試着して、つけ心地を確かめることをお勧めをします

ここまでで医療用ウィッグをどこで購入・レンタルするかという疑問が出てきますが、病院の化学療法室、医療相談支援室で沢山の会社のパンフレットを用意しているので、そこで手続きを進めていくことになります。ウィッグの特性を考えたら、メンテナンスを初めとしたアフターフォローがしっかりとした会社を選んだ方が満足出来ることでしょう。良いウィッグを使って、元気にがん治療を乗り切って下さい。

推奨リンク_医療用ウィッグ・かつらはライツフォル/口コミで人気

用途で選ぶウィッグ

普段は医療用帽子やバンダナを活用し、フォーマルな場面がある時のみウィッグを使うということなら、レンタルのウィッグでも問題はありません。レンタルはヘアスタイルが思った通りではない可能性があるというデメリットがありますが、費用が安く済むこと、不要になれば返却が可能というメリットがあります。会社勤めをする方、ヘアスタイルに拘りたいという方、抗がん剤の利用が長引くことが予想される方の場合はウィッグを購入した方が満足する結果になるでしょう。

ウィッグウィッグを購入する場合、既製品のウィッグでもある程度ヘアスタイルを決めることができ、髪の毛の素材をご自身で選択することが可能です。髪の毛部分の素材は人毛・人工毛・MIX毛の3種類から選択可能です。人間の毛である人毛で作られたウィッグは洗髪時に気をつける点は多いものの自然で肌に優しく、パーマやカラーリングも可能で、化繊アレルギーがある方にもお勧めです。ロングヘアーのウィッグを希望される方は人毛で出来たウィッグの方が良いでしょう。対して人工毛は静電気やピーリング(髪の毛の縮れ)が起きやすいのですが、お手入れは簡単で軽いのが特徴です。人毛と人工毛の両方を利用したMIX毛はその名の通り、人毛と人工毛それぞれの長所を取り合わせたウィッグになります。

医療用ウィッグの進化

がんが治らない病気であったことは昔の話になりましたが、がんの治療法の中で抗がん剤と放射線療法の大きな副作用が「髪の毛が抜けること」です。抗がん剤投与終了後半年〜1年後には髪の毛がまた生え揃うものの、人生の中の短期間とはいえ、特に女性であれば辛い副作用であること、そのような状態を隠したいと思うことは想像に難くありません。

医療用ウィッグ家の中にいることが多い方なら医療用の帽子やバンダナ、スカーフを使用する方法もあります。少々の外出なら特に違和感を持たれることも少ないのですが、会社に行く等で外に出ることが多い方、特に冠婚葬祭のフォーマルな場に出る必要が出てきた場合、医療用の帽子やバンダナを付けるのではなく、がん治療前と変わらない状態で出席して大切な人をお祝いしたり、がん治療を克服して元気になった姿を見せて故人を安心させたいと思うのは当然のことでしょう。

現在はこのような治療の副作用に悩む方のための医療用ウィッグも進化し、耐久性やつけ心地が向上しており、その恩恵を受けている方も沢山いらっしゃいます。医療用ウィッグは種類が豊富な上に値段も様々ですし、オーダーメイドのものを注文する方法や既製品を利用する方法、さらにはレンタルという方法もあります。素材の違いやメンテナンスの有無もあり、どれが良いのか迷ってしまうこともあると思います。

このサイトでは医療用ウィッグの選び方について詳しくまとめています。お悩みの方のお役に立てば幸いです。