医療用ウィッグの進化


がんが治らない病気であったことは昔の話になりましたが、がんの治療法の中で抗がん剤と放射線療法の大きな副作用が「髪の毛が抜けること」です。抗がん剤投与終了後半年〜1年後には髪の毛がまた生え揃うものの、人生の中の短期間とはいえ、特に女性であれば辛い副作用であること、そのような状態を隠したいと思うことは想像に難くありません。

医療用ウィッグ家の中にいることが多い方なら医療用の帽子やバンダナ、スカーフを使用する方法もあります。少々の外出なら特に違和感を持たれることも少ないのですが、会社に行く等で外に出ることが多い方、特に冠婚葬祭のフォーマルな場に出る必要が出てきた場合、医療用の帽子やバンダナを付けるのではなく、がん治療前と変わらない状態で出席して大切な人をお祝いしたり、がん治療を克服して元気になった姿を見せて故人を安心させたいと思うのは当然のことでしょう。

現在はこのような治療の副作用に悩む方のための医療用ウィッグも進化し、耐久性やつけ心地が向上しており、その恩恵を受けている方も沢山いらっしゃいます。医療用ウィッグは種類が豊富な上に値段も様々ですし、オーダーメイドのものを注文する方法や既製品を利用する方法、さらにはレンタルという方法もあります。素材の違いやメンテナンスの有無もあり、どれが良いのか迷ってしまうこともあると思います。

このサイトでは医療用ウィッグの選び方について詳しくまとめています。お悩みの方のお役に立てば幸いです。