使いやすいウィッグとは


ウィッグ医療用ウィッグはがん治療開始後から治療終了後約1年程度利用します。その間頭髪の状況が変化するため、時には細かなメンテナンスが必要になります。ウィッグを選ぶ際は値段やデザインを優先させるよりもつけ心地が良いもの、チクチクしたり蒸れたりしないもの、メンテナンスが可能なものを選び、状況に合わせてメンテナンスを行い、自然なつけ心地のものを重視した方が良いでしょう

メンテナンス時にデザインを変えることも可能なウィッグもあります。また、ウィッグは当然頭に載せるものです。つけ心地が軽いものの方が違和感なく利用できます。時には「肩こりの原因がウィッグの重さだった」ということもあります。人によっては長く利用するものになるので、ウィッグを選ぶ際には必ず試着して、つけ心地を確かめることをお勧めをします

ここまでで医療用ウィッグをどこで購入・レンタルするかという疑問が出てきますが、病院の化学療法室、医療相談支援室で沢山の会社のパンフレットを用意しているので、そこで手続きを進めていくことになります。ウィッグの特性を考えたら、メンテナンスを初めとしたアフターフォローがしっかりとした会社を選んだ方が満足出来ることでしょう。良いウィッグを使って、元気にがん治療を乗り切って下さい。

推奨リンク_医療用ウィッグ・かつらはライツフォル/口コミで人気